全記事

売れる ECサイト 商品ページデザイン 作成

投稿日:2017年11月22日 更新日:

売れる ECサイト 商品ページデザイン 作成売れるECサイト 商品ページ

ファーストビューに差し替え

ただ今コンテンツ作成中です

 

売れる ECサイト 商品ページデザイン 作成 ご依頼

ECサイト商品ページで重要とされる、ファーストビュー、メインビジュアル (キービジュアル)において弊社では店舗オーナー様に向け、低コストでハイクォリティーの商品イメージ写真の作成事業を開始致しました。

国内モデルでの撮影は、かなりの高予算を必要とされてきました。

国内在籍の外国人モデルは更に高い予算が必要です。

また、モデルには肖像権、使用期限などの制約があり、同じ画像を使い続ける事にも高い経費を必要とされます。

弊社の画像加工は、使用期限がなくハイクォリティー。納期もモデル撮影よりも早く仕上がります。

 

サービスの詳細

ファッション アパレルジャンルに特化した 商品ページ作成

海外モデルを使用した商品ページ合成

お客様の目を留めるハイクォリティーバナー

 

作成可能なサイト

モール型 ECサイト

 

モール型 ECサイト

Yahoo!ショッピング 楽天市場 ポンパレモール Wowma!(ワウマ) ヤマダモール Amazon ZOZO TOWN メルカリ ヤフオク フリル Qoo10

カート型 ECサイト

 

カート型 ECサイト

EC CUBE SHOPLIST STORES JP make shop BASE カラーミー

 

商品写真の撮影でお困りのオーナー様へ

自社ECサイトのアクセス数。 現状で満足されていますか?
サムネイルとタイトルはインターネット販売において最も重要です。

現在インターネット通販は、同じ商品が多数存在し お客様の争奪戦になっております。
お客様の目に留まるサムネイル画像、商品ページ作成を、ライセンスフリーの画像を使用し、ハイクォリティーにてお届け致します。

ECサイトで商品の撮影はとても重要です。
特に1ページ目にサルネイムで表示される画像は、アイキャッチ画像としてお客様の目を引く画像でないといけません。

しかしながら、現在はモデル撮影やカラバリ撮影など多額の費用が必要です。

1ページ作成する場合に最安の業社でも約3000円〜。またランディングページなら25,000円以上の作成費を必要とします。

 

今後益々、個人様のインターネット販売が加速する中、楽天 や Yahoo などの様々な商品ページを低単価にて、注目される商品画像を作成致します。

 

外国人モデルを使用した、お客様の目を引く商品ページ サムネイル

現在、数多くの通販サイトが乱立し、毎日多くの商品が掲載され、インターネット通販で売り上げる事が非常に難しくなって参りました。

現在、ECサイトの商品ページは華やかなモデルの画像が並び撮影に時間とお金をかけている販売店が上位を占めています。

しかし、撮影とプロモーションにはかなり大きな予算と時間がかかっているのが現状です。

弊社はお預かりさせて頂いた商品サンプルを、特殊な撮影方法で撮影し、ライセンスフリー画像を使用した、コーディネートイメージ写真の商品ページ作成をご提案させて頂きます。

 

当サービスにおいて期待出来る効果とメリット

1.ページコストの削減

従来のモデルを起用した商品撮影とページ作成のコストと時間を削減出来ます。

削減したコストは広告などのプロモーションなどの経費に充て、更なる効果を期待出来ます。

2.アクセス増加と売り上げの向上

商品検索などで表示された際に、サムネイル画像の善し悪しでクリック率は大幅に変わります。

サムネイルの画像を強化する事で、イメージアップ、アクセスアップの効果が期待出来ます。

3.自社セレクト 自社ブランドの強化 ブランディング効果

弊社は特に外国人モデルの合成をおすすめしております。日本国内にて外国人モデルを起用するには膨大な経費が必要とされます。

また、町並みや背景を取り込んだ商品画像の作成が弊社ではスピーディーに作成可能。ハイクォリティーな商品画像は自社ブランドの価値を高めます。

ます。

当サービスのデメリット

実際にはモデルが着用していないイメージ写真となります。

 

外国人モデルを使用する理由

ECページを作成する上で重要とされる「構成」作り。
ファッションの分野では、その商品の使用目的や、使用場所などのイメージをお客様に最短で伝える事が重要とされています。

構成を作成する上で、重要なポイントとなるのがファーストビューの「掴み」の部分。
通称アイキャッチ画像(サムネイル画像) 多くの閲覧者は競合となるページと商品の比較を閲覧にて行っているため、 一目見て「理想と違う」と思われた時点で離脱を招いてしまいます。

閲覧するお客様に対し、最初に結論を述べ、結果を伝えきる掴みを作成することが大切です。
弊社は、お客様が商品検索される際に表示される、「サルネイム」の画像を、 お客様の目に留まるクォリティのファーストビューを作成。

海外モデルを使用し、お客様の想像力を刺激する事でページのクリック率、滞在時間を引き上げます。

弊社は他社とは違うパフォーマンスを重点に作成しております。

プランを3つ記載する

ベネフィット

お取引先様

拡大画像はこちらからご確認下さい


ZI-ON KIDS STOR

ご発注迄の流れ

FAQ

フォーム

 

売れる ECサイト 商品ページ デザイン の作り方

「商品」を引き立てる三大要素

ファーストビュー

ファーストビューとは、閲覧者の画面に最初に表示される領域(区域)の事を指し示す。

スクロールなどの操作をすることなく閲覧出来る範囲で、最も重要な内容を配置すべき領域とされています。

ECサイト商品ページではサムネイル画像、トップ画像の領域となります。

 

メインビジュアル (キービジュアル)

ECサイト、WEBサイトなどの媒体で中心となるイメージ画像の事を指します。目立つ場所に大きく表示する事が多い。

また、画像には世界観やメッセージ感を伝える事が重要とされています。

 

キャッチコピー

人の目を引く、または人の注意を引く、宣伝効果のある(短く効果のある)フレーズ。文句の事を指します。

長い文面ではなく、重要な事を凝縮させた文句でユーモアのある言葉のフレーズが効果的とされています。

合成コンテンツを画像を配置

動線

商品を引き立てる ECサイト 商品ページ の 重要ポイント

自社ブランド、プライベートブランド、ライセンスブランド、インフルエンサーブランド、様々な媒体のブランドがありますが、ECサイト LPページ販売 SNSを使ったセールス(セールスプロモーション)で重要なのは、もちろん商品です。

しかしながら、販売のプロモーション次第ではせっかくの商品が台無しになってしまいます。

ECサイトでの販売において、商品の魅力を伝えられるのは画面上の写真とテキストのみとなり、デザインによって大きく売上とイメージが変わります。

売れるECサイト、商品ページ、デザインはとても重要な要素を秘めています。

 

売れる ECサイト 商品ページデザイン 作成

主役の商品を引き立てる

ECサイトの目的は、商品をお客様に購入して頂く事にあります。

また、ブランドではブランドイメージを構築する事も重要な要素の1つとなります。

商品を購入して頂くためには、ブランドの魅力と商品の魅力を十分に伝える必要があります。

 

サイトデザインも含め、商品ページのデザインは、サイトにアクセスされたお客様に魅力が伝わる物でなければなりません。

商品写真は魅力が十分伝わる様に作成する。

 

ECサイト商品ページに掲載する写真は、商品の魅力が十分にお客様に伝わるように作成するひつようがあります。

アパレルの商品は特にイメージが重要とされており、サイトに訪問されたお客様のイメージを膨らませるデザイン構成を心がけることが重要です。

テンプレートは簡単に見栄え良く商品ページが作成され、とても便利だと思うかもしれませんが、テンプレートで商品が売れるのであれば苦労はしません。

競合他社や他の会社と同じような構成で、売れる様になるとはある一定の低い段階でしかありえない事なのです。

 

売れる ECサイト 商品ページデザイン 作成

トップに印象的な画像を用いる

お客様が最初に目にする商品写真はトップ画像(サムネイル)になります。

サムネイル画像をクリックまたはタップする事により、商品の詳細ページ(カートページ)にはじめて移動します。

せっかく作成した商品ページも、トップ画像(サムネイル)を魅力的に作成しなければ、商品の紹介ぺーじまでお客様は足を運んでくれません。

現在、インンターネットで販売されている商品数は日々増加しています。

その中でお客様に目に留まる商品サムネイル画像は、重要な要素と言えます。

 

売れる ECサイト 商品ページデザイン 作成

シンプルに伝える表現力(キャッチコピー)

トップ画像には極力、伝えたい魅力をキャッチコピーにしたものを使う様にします。

サムネイルは非常に小さな画像ですので、テキストを詰め込んでも見えにくく効果がありません。

PCからスマートフォンに移行した現環境では、過去の商品ページ作成方法は非常にわかりにくく、商品のイメージを損なってしまいます。

サムネイル画像は、お客様にクリック、またはタップして頂く最初の窓口です。

また画像にマッチしたフレーズを使う事が大前提とされています。

 

お客様の想像力を膨らませる商品写真が何よりも重要と言えるでしょう。

お客様になりきり、どんな物を好むのか、どんな言葉を選ぶべきなのかをしっかりと考え絞り込んでいくことが有効です。

売れる ECサイト 商品ページデザイン 作成

ファーストビュー

ECサイトの商品詳細ページ、ランディングページにとって一番重要なのは、ファーストビューである。

訪問者は約2割がページに留まり、8割が離脱してしまいます。

魅力的なファーストビューのイメージを効果的に伝え、ページに留まってくれるお客様の割合を増加させる事で売上の増加に直結につながる。

一目でその魅力を伝えるメインビュジュアル(商品画像)はその商品を実際に使っている画像最も効果的とされています。

また、SNSの発達に伴い、グーグルの画像検索の重要度が飛躍的に増加している以上、メインビジュアルにしっかりとした対策を練る事が重要である。

 

商品名の構成

商品名の構成はブランド名+商品名を推奨。その理由として、お客様はブランド名+商品名で検索するユーザーが非常に多い事にある。

一度購入した商品であれば尚更その効果は高く、リピート客を掴む上で重要な要素と言える。

従って、仕入れた商品であっても、自社のブランドネームに付け替える。または同じブランドの商品には必ずブランド名を明記する事が効果的とされている。

商品名に文字数の制限がある以上、徹底して自社のサイトに訪問されるキーワードを盛り込む必要があります。

また商品が特別な物だと言うキーワードも効果的です。

売れるために必要な情報を集めて理解し、サイトデザインに反映させていくことが「売れるデザイン」への近道です。

 

ベネフィット

ベネフィットとは、メリット、デメリットの様な直接的効果ではなく、その商品を購入する事によってユーザーにどのような効果が期待できるかです。

単に、暖かい。便利。ではなく、どの様に暖かい日々を過ごせるのか?またどのように寒さを凌げるのか?

どの様な場面で効果を発揮する便利なアイテムなのか?を魅力的に説明する必要があります。

競合他社のECサイトにはない独自の強みを魅力的に伝える事を心がけましょう。

 

商品説明

グーグルが既存に存在するコンテンツの流用に対してペナルティを強化。重複コンテンツはインデックスに1ページしかされないように設定されています。

他社で使われたキーワードを用いての商品ページのテキスト作成は、検索に全く効果がない。

同じブランド、同じ商品であっても、オリジナルのキーワードと魅力を含んだテキストの構成を重視して作成すると良いでしょう。

 

商品の詳細

ファーストビューには書ききれない詳細情報を、産地、素材、などの基本情報は必ず記載するようにしましょう。

詳細は文面でなく、箇条書きで1つ1つわかりやすく要点のみを伝える事が効果的です。

工夫のない文面はかえって何が重要かわからなく、非常に読みにくい物になってしまいます。

ポイントを読みやすくに集中すると良いでしょう。

 

商品レビュー

商品レビューはお客様にとって貴重な情報源です。購入前の最後の確認。背中を押す一押し。など

レビューで判断されるお客様も多いのは事実です。自社の扱う商品であれば、実際に使用する。もしくはモニターを頼みその意見を記載すると良いでしょう。

あくまで、レビューは販売店と関係のない方の記載に信憑性が増します。過去のステルスマーケットは現在のECでは釣りと言われる信頼性を無くす行為だと考えたほうが良いでしょう。

 

売れる ECサイト には理由がある 商品ページに仕掛ける 心理テクニック と その効果

ECサイトにおける販売でも、人の行動心理は該当致します。

昔から使われている心理テクニックをECサイトに置き換え、販売の促進に繋げる事は多くのサイトが取り入れ実践しています。

消費者の購買意思を決定するには、必ず何らかの評価基準が個別に存在します。

評価基準は個々が保有する特定情報もしくは不完全な情報から、閲覧しているの商品の質や価値、価格などを比較し商品査定を判断し購入に至ります。

アンカリング効果

画像:ソフトバンク

提示された固定の数値を基準 (アンカー)とし、対象の判断に影響を及ぼす心理傾向です。

ECサイトでは主に、特別価格、特価価格、格安価格、二重価格に使用されます。

通常3,000円の商品が、当店特別価格2,680円にてご提供!!今だけ特別価格!などと言ったフレーズで大手各社も使用している手法です。

 

固定された価格から差をつける事で、ご購入されるお客様の購買欲を高めます。

「特別価格1,000円」という値札をつけるより、「通常価格3,000円→特別価格1,000円」(消し上代または消札)と記載する方が効果が上がります。

ウィンザー効果

画像:楽天市場

ECサイトで良く見られる、商品レビューによるマーケティング商法。

「ウィンザー効果」と呼ばれるもので、直接言われるよりも第三者から間接的に言われたほうが、信憑性・信頼性が増大する心理的効果。

 

「弊社のブランド商品は品質、デザイン、機能性が素晴らしい」と言うよりも、第三者から「あのブランドはデザインも品質もいいよ!」

と言われる方が信憑性が増し、信頼に繋がり、消費者の購買欲を高めます。

また、影響力のあるレビュアー、インフルエンサーからの発信は更に多くの効果があります。

カクテルパーティー効果

画像:森永

カクテルパーティーのように、たくさんの人がそれぞれに雑談しているなかでも、自分が興味のある人の会話、

自分の名前などは、自然と聞き取ることができる。人間は自身に関係のある音のみを処理して必要な情報だけを再構築していると考えられています。

その効果をカクテルパーティー効果と言います。

 

WEBにおけるカクテルパーティー効果とは、消費者に関係する文章を、悩み、年齢、性別、コンプレックス、欲、などに呼びかけ購入を促進させる方法です。

「年齢」「白髪」「ダイエット」「30代」などターゲットを絞った商品に多く用いられます。

ハロー効果

画像:サントリー伊右衛門

ハロー効果とは社会心理学の現象で、ある対象を評価をする時に、それが持つ顕著な特徴に引きずられて、

他の特徴についての評価が歪められる(バイアス)現象のことを言います。(後光効果、ハローエラー)

思考を歪める認知バイアスのひとつであり、肩書、学歴、年収、身長、外見、などのある一つの特徴から、無意識のうちに相手の評価を高めてしまう効果を意味します。

ECサイトなどでは、ファッションモデルの使用、芸能人の使用など、商品そのものに対し実力以上の印象を与える心理テクニックです。

また、東大卒、慶應卒など、情報商材屋にも多く使用されるテクニックです。

希少性の法則

画像:シュタイフ公式

いつでも、何処でも、好きな時に手に入るものは価値が低く、数が少ないものは価値が高いと考える、

経済・生活行為の中で人間が身に付けている共通認識。常識。または価値観です。

 

WEBはいつでも観覧する事ができ、アクセスする事が可能ですので、この希少性の法則を取り入れる事は重要とされています。

「今、決断しないと無くなってしまう」 「この機会を逃せば二度と手に入らない」 「少ないからこそ他人も欲しがるはず」 「数が少ないなら高額でも当たり前」 「良い物だから他の人が買った結果、残りが少なくなった」・・

など、供給される数が少ない事には相当の理由があると考え、『充分な検討をする事なく購入』 という、消費行動が取られる事になります。

希少な物には無条件で価値が産まれ、限定数量の販売、期間限定のイベントなどを用いた販売方法が一般的です。

権威への服従原理

画像:apple

人は権威のあるものを信頼し、正しいと判断してしまう傾向があります。この心理効果を「権威への服従原理」といいます。

例えば、「何十年もかけて努力し弊社スタッフがついに開発した健康器具」というよりも、「トップアスリートが認めた健康器具」

後者の方がなんとなく効果がありそうだと感じるでしょう。

 

人は権威のあるものを信頼し、正しいと判断してしまう傾向があります。この心理効果を「権威への服従原理」といいます。

特に、教授や弁護士、博士、医者などの「専門家」の意見には弱いとされており、彼らの発言には自然と「信憑性」が生む力があります。

松竹梅商品の法則

商品内容と価格を3つに分ける方法で、消費者は自分に合ったプランを選びます。

4,000円の商品を売りたい場合に、2,000円と6,000円の商品を用意し4,000円の商品を多く販売する手法です。

 

多くの人がもつiPhone6の価格を見ても以下のとおりです。

16G:86,800円 64G:98,800円 128G:110,800円

他にもレンタルサーバー、スーツ、飲食店でのコース、にも用いられ、プランによって価格帯と商品内容が違います。

そして多くの人が中の価格帯の商品を選ぶ傾向があります。

 

スポンサード リンク

スポンサード リンク

-全記事

error: Content is protected !!

Copyright© Material Works LLC. , 2017 AllRights Reserved.